水素水とは|注目されている炭酸水の効果について【様々な効能が期待できる】

注目されている炭酸水の効果について【様々な効能が期待できる】

水素水とは

男の人

水素水とは、水素が多く含まれた水のことです。そもそも水は酸素と水素が結合することによって常温の液体となるもので、人間を含めたあらゆる地上の動物にとって欠かせないものです。一方で水に含まれる酸素と水素の量は圧力などの条件によって一定量しか存在できないものですが、水素水の場合の場合には何らかの方法で水素の濃度を高くしたものになります。水素が多く含まれるメリットとしては、体内に存在する活性酸素と水素が結びつき、活性酸素を除去するというものです。活性酸素は身体の酸化を促すことになり、この酸化が様々な悪影響を及ぼすことになります。水素水を取り入れることで、この酸化を抑えることができるため、健康に良いとされています。

水素水といっても近年は高濃度水素水と呼ばれる濃度を上げたものがあります。一般的な水素水では、1.0ppmから1.57ppm程度の含有量を含んでいますが、圧力をかければもっと高濃度水素水を作ることが可能です。ただし、溶け込んだ水素は通常の気圧の状態では自然界で存在できる程度にまで抜けてしまいます。このため水素水ではアルミ缶やパウチといった密封性の優れた容器に保存され、また早めに消費することが求められています。いずれにしても高濃度水素水では抜ける速度も早くなるためすぐに消費する必要がありますが、近年はウォーターサーバや浄水器でも水素水を作ることが可能で高濃度水素水を手軽に手に入れることができ、20,000ppmといった桁違いの高濃度水素水を作ることができます。